So-net無料ブログ作成
検索選択

抗生物質って効果がないと言うのは本当なのか? [健康]

風邪に抗生物質って効果ないの? 抗菌薬の使用に潜む危険性
こんな見出しのニュースが出ていました。

昔から風邪かなと思って病院へ行くと、風邪の症状を抑える薬と、熱がある場合や、炎症がある場合などは抗生物質、それに胃薬。

この3つが良く処方されていました。

今さら抗生物質が効かないってどういうことなのか?

抗生物質とは、微生物から抽出された物質のことで細菌の増殖を防ぎ阻害するもので、世界初の抗生物質はペニシリンです。

風邪の症状ののどの痛みや、咳などはウイルスが原因で起こります。

細菌による感染症は抗生物質で治療できますが、ウイルスによる風邪などの場合は抗生物質は効かないようです。

ウイルスを殺してくれるのは、抗ウイルス薬といい、インフルエンザウイルスにはタミフルやリレンザといった抗ウイルス薬が処方されます。

風邪の原因となるウイルスは100種類ほどあって、それらをいちいち特定するよりも、体の本来の治癒力で治る方が早いようです。


現在、抗生物質が効かない抗生物質耐性菌が増えているらしいです。

ある種の耐性細菌はより強力な抗生物質で治療できますが、それでも治療できない細菌もあります。

また抗生物質をたくさん服用すればするほど、逆に抗生物質耐性菌に感染し易くなってしまいます。

それに細菌も進化して抗生物質が効かなくなります。

なのであまり抗生物質は服用しないほうが良いと言う事らしいです。



ではどんな時に抗生物質が必要なのだろうか?どんな時に不要なのか?


黄色や緑の鼻水が出てもほとんどの場合は細菌感染ではなく、抗生物質が必要なのは長期間続く場合や痛みがひどい時などの重症なケースだけです。

咳や気管支炎でも抗生物質が必要なのはまれです。

ノドの痛みのほとんどはウイルスによる症状ですが、溶連菌感染によるノドの痛みは抗生物質が必要で、これは迅速検査により診断できるそうです。


風邪は予防が重要で、もし風邪をひいてしまったら、栄養をつけてゆっくり休むことですね。

これからの季節うがい手洗いをして十分気を付けましょう。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

加工肉を食べると癌になるリスクが高まる? [健康]

テレビニュースでも話題になっていたが加工肉を食べると癌になるリスクが高まる?

WHO(世界保健機関)の専門組織国際がん研究機関が、加工肉を食べると、発がんリスクが高まると発表した。

加工肉を毎日50グラム食べた場合、直腸や結腸のがんになる可能性が18%増加するという。

加工肉は塩分を加えたり、薫製にしたりした食肉を指し、ハム、ソーセージ、コンビーフやビーフジャーキーも含まれる。

また、牛や豚など赤身の肉も「恐らく発がん性がある」に分類した。

同機関は800以上の研究結果を分析したもので、加工肉の分類は「十分な証拠を基にしたものだ」と強調しているが、どのような加工手段が発がん性を高めるかは、明確には特定していない。


リスクが18%になると発表されたが、これは異例なことで、安全を強調するためと、北米食肉協会からの批判を交わすために発表したらしい。


日本人の一日平均の摂取量は赤肉50g加工肉13gほどで全く問題ないという。

ここで一般の凡人が思う事は、18%と言えば100人に18人もガンになるのか!

じゃあ少し食べるのを控えようと誰もが思ってしまう。

現に東京のウインナーを販売する老舗の人気店でも売り上げが3分の1にまで落ちたという。

また日本ハムや、伊藤ハムなどの株価も下がったようだ。


18%が安全だという根拠は?

安全ならば何故わざわざ公表するのか?

良く解らない??。

モーニングショーで解説されていたが18%増えると言う事は、10000人に9.7人が11.5人に増えると言う事です。

大腸がんの割合が1万人に9.7人(どこのデーターかは分からなかったが)

1万人に9.7人の割合は0.097%

それに18%のリスクが増えると言う事は0.097%×1.18=0.11446

つまり1万人に約11.5人に割合が増える。

要するに11.5-9.7=1.8人

毎日50グラムの加工肉を食べ続ければ、1万人に2人ぐらいが大腸がんになる人が増えると言う事です。


国立がん研究センターの2013年のデーターで

生涯癌で死亡する確率は、男性26%(4人に1人)、女性16%(6人に1人)というデーターがあります。

2013年のがんの死亡率は男性354.6、女性229.2(人口10万人あたり)。

割合に直すと0.35%と0.23%になる。

数字の見方や表示の仕方によって人によっては多いと感じたり少ないと感じたりしますよね。

10万人に354.6人もガンで死んでいるのかと思うと多いようにも思うが100人に0.35人と思うと少ないような気もします。
 
国立がん研究センターの統計、データーも見てみると面白いですし参考になります。


今回の加工肉のがん発生リスクはあまり気にすることがないという事でしょうか。

ちなみに煙草は、男性は非喫煙者が0.020%なのに対して喫煙者は1.259%女性は非喫煙者が0.025%なのに対して喫煙者は1.309%と非常に高いです。

加工肉の1.18倍に比べモノならないくらいに高い男性は62.95倍、女性は52.36倍です。

あまり気にせずにお肉も、ハムも、野菜と一緒にバランスよく食べましょう。

食べ過ぎには注意しましょう。





スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

手軽に簡単健康チェックで健康に! [健康]

今朝のモーニングバードの石原義純さんのコーナーで手軽に健康チェックと言うのをやっていました。

まず一つ目は駅構内にある健康チェックの専門店(テレビで紹介されていたのは小田急線「登戸駅」の構内)

買い物や会社帰りにちょっと立ち寄ってできるという。

ここで検査できるのは、「血糖値」や「血管年齢」など、全12項目。
料金も1項目500円から(税別)とお手頃価格のようです。

基本単品で、自分が気になる部分のみの検査が受けられるみたいです。


ここでの採血は、被験者自身が専用器具を使って行うセルフスタイルです。昨年の4月から、国民がより健康検査を受けやすくできるように厚生労働省が規制緩和を行い、
看護師や薬剤師が常駐していれば、医療機関以外でも、自己採血による血液検査が可能となったようです。


次は自宅で血液検査ができる画期的な新サービス“スマホ de ドック”というもの

これは専用器具を使って自分自身でセルフ採血した血液を検査薬と混ぜて検査機関に郵送すると1~2週間で結果がわかりスマホやパソコンなどから確認できるというもの。

仕事で忙しい人や子育てや介護で外出が困難な人等、健康診断が受けられていない人にとってはいいと思います。

自宅でできる検査についてはこちらのページにも書いています。
http://sinriryouho.blog.so-net.ne.jp/2015-04-20-1

最後は血液検査で“認知症リスク”を判定できる“軽度認知障害検査”というもの

血液検査で認知症の発症リスクが判定できるという。
筑波大学・医学医療系の内田和彦准教授らが研究開発したもので、認知症の前段階と言われる「軽度認知障害」のリスクを4段階(A~D)で判定する。

軽度認知障害を放置すると、約半数の方が4~5年でアルツハイマー病など本格的な認知症に進行してしまうらしいです。


検査方法は簡単で、5~7ccほどの血液を採るだけでいいのです。

A判定ならば「健常」となります。

たとえこの検査でD判定(軽度認知障害のリスクが高い)だったとしても、発症から1年以内程度であれば健常状態に戻ると言われているらしい。


“デュアルタスク”という同時に2つの作業を行なうなど脳のトレーニングをすれば、アルツハイマー病への進行を食い止めることは可能なのだそうです。

1、2時間の散歩をしながら100から7づつ引いていく計算をするなど。

朗読も文字を追いながら声を出して感情を伝えるようにして読むといいそうです。

また毎日の暮らしの中で無理なく続けられる認知症予防法は「料理」だそうです。

様々な段取りを考えながら、手を動かすという料理は、優れたデュアルタスクなわけです。

新しいメニューに挑戦していけば、より脳が活性化して認知症予防に役だつそうです。


全国510ヶ所医療機関で2~3万円くらいで受けられるそうです。

認知症予防についてはこちらのページでも書いています。
http://sinriryouho.blog.so-net.ne.jp/2015-07-24


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康