So-net無料ブログ作成

いいホテルの選び方!値段が同じなら良いホテルに泊まりたい [おでかけ]

同じ値段でもいいホテルの選び方はあるのだろうか

いいホテルを見分ける方法は?

高額な値段を出せばいいホテルなのは当たり前ですよね。

一泊3万以上も出せばそれなりのサービスが受けれて当然だと思います。
(これは一般庶民の話ですよ)

セレブでお金持ちな方が利用する一泊ウン十万が当たり前の世界とはちょっと違いますよ。


なので一般庶民が利用する1万円前後で泊まれるホテルで、その中でもいいホテルを探す方法は?


アメニティがちゃんとある、部屋がきれい、眺めがいい…

でもこれは実際に行ってみないとわかりませんね。

行く前から調べるにはホームページなどや口コミなどで判断するとか、パンフレットや広告などもあります。


そして一つはベットで見分ける方法があります。

最近増えてきている「デュベスタイル」のベッドメーキングです。
bedmake3.jpg
「デュベ」とはフランス語で「羽毛布団」のことで、羽毛布団を使ったベッドメーキングを「デュベスタイル」と言います。


今までのホテルでは多くが「ボックスタイプ」と言うベッドメーキングで、シーツの端を、ベッドカバーとともにをマットレスに挟み込んだものでした。
bedmake2.jpg
眠るときは、挟み込んだ部分を引き出し、シーツとシーツの間に体を入れて寝るので足元が窮屈でした。

欧米のホテルの伝統的スタイルをそのまま日本でもしていたのです。


一方「デュベスタイル」はベッドの上に「羽根布団」がかけてあるベッドメーキングで、布団の形状は、私たちの家にあるようなものとは違い、ベッドカバーのようにサイドに垂れがついています。

その垂れをマットに挟み込みます。

布団のままだと、生生しいためか、「フットスロー」という布がベッドカバーの代わりにベッドの足のあたりに掛けてあります。

これは靴のまま過ごす外国人のためのもので、白い布団が汚れるのを防ぐためでもあるといいます。


なぜ「デュベスタイル」のベッドメーキングのホテルのほうが良いホテルなのか?

それは「デュベスタイル」の方がベッドメーキングに時間がかかり、シーツや羽毛布団カバーすべてを洗濯しないといけないのでコストがかかります。

それでも「デュベスタイル」を採用しているのはお客様のことを考えているからなのです。

なので同じ値段のホテルなら「デュベスタイル」のホテルのほうがいいホテルと言えるかもしれません。

bedmake1.jpg
写真:ホテルのインテリアをご家庭により



次はホテルマンのサービスです。

これも行ってみないとわかりませんよね。


ホテルマンは仕事もきつく、給料もそれほど良くないと聞きます。

それにお客様相手でストレスもたまると言います。

また制服姿では外へご飯を食べに行くことができません。

しかし従業員用の食堂があるところはいいホテルと言えるそうです。

ホテルのシェフが作るおいしい料理が格安で食べられるから、ストレスも解消でき、モチベーションも上がるといいます。

一般の人が普通にホテルで食べれば2000円くらいとられそうな料理が300円で食べられるというところもあるそうです。

でもどうやって調べるのか?

これはホテルの採用情報を見るとわかるようです。

その中の福利厚生のところで、社員食堂あり(300円~500円程度)とか書いてあればOK

なので社員食堂があり福利厚生がしっかりしているとホテルマンのストレスも軽減されサービスのいいホテルと言えるかもしれません。





スポンサードリンク



新しい職場に早く溶け込む方法 [雑感]

4月から新入社員となる方、また転勤や移動で職場を変わる方も多い時期ですね。

不安や期待が入り混じっているころだと思います。

新しい職場や、環境に早く溶け込む方法というのを聞いたことがあります。


新しい職場に入ったときはまず仕事を覚えて、早く仕事ができるようになって、認められたいと思ってみんなやると思います。

しかし仕事を覚えて頑張っているつもりが、周りから孤立して、職場に溶け込めなくなってしまったりする。


でも仕事を覚えるよりも、人とのコミュニュケーションを築き、深くしていくことが重要なんです。

まずはきちんと笑顔で挨拶をする。

自分から話しかけてコミュニュケーションを取るようにする。


コミュニュケーションが取れてみんなと仲良くなれれば、先輩や上司にも質問もしやすくなり、仕事もできるようになってきます。



なのでまずはコミュニュケーションを深める事。



普段コミュニュケーションを築くことをおろそかにしといる人も多いと思います。

それを意識して自分から話すことを心がけるといいと思います。



職場ストレスの90%以上は人間関係だと言われています。


すべての社会人に言えることですが、人間関係がうまくいけば仕事もうまくいくようになる。


職場に早く溶け込むにはコミュニュケーションを築く事。


まずは笑顔で挨拶。

私が20代の頃務めていた会社では朝行くと上司に一人ずつ挨拶しなければいけませんでした。

まぁ挨拶するのは当たり前のことですが。

結構大きなフロアで、部長が二人、一番奥に専務の席がありました。
zaseki.png

入り口から入ってまず、一人目の部長に挨拶し、次の部長、そして専務に挨拶するという流れでした。


そして自分の席に着くという感じでした。


当然部長は専務のところへ行って挨拶しなければなりません。

挨拶するのは当然なのですが、面倒だったので、私がとった行動は、上司より先に出勤するということでした。

専務は20分以上前に出勤するので私は30分前には出社しました。


すると私の席の前を通っていくのでそこで挨拶していってくれます。

中央の部長は来ればそこで挨拶できるし、端の部長は専務のところまで行くのでその途中で私は挨拶できます。

これでわざわざ挨拶に行かなくてもいいし早く出社すると、ゆっくりコーヒーを飲んで過ごせました。


後は相手の顔と名前を早く覚えて、名前(苗字)で呼ぶようにする。
「ちょっと、すみません」と言うより「○○さん、すみませんが...」というほうがいい。

座席表を手に入れるか、なければ自分で作る。作るときにある程度覚えられる。


また、歓迎会や飲み会、イベントは最初はなるべく出席する。

慣れてくれば付き合いの方法も分かり、変わってくると思うが、最初はいろいろ参加して、コミュニュケーションすることは大事だと思います。


とにかく職場に早く馴染むためには、挨拶をして、話をして、謙虚で真面目に、自ら行動することですかね。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イースターとはお祭りじゃないよお祝い日だよ [雑感]

最近イースター関連のニュースや話題がテレビやネットでよく出ているが

なんかちょっと違和感を感じますよね。

意味も分からずやるんじゃないよという感じ。


テレビのニュースでTDLでウサギの耳をつけて卵型のお土産

東京ディズニーランドも金もうけだけのお祭り騒ぎに(ディズニーイースター!?)

あほちゃうかとおもいますね

なんでも金もうけにしようとして

どこまで平和ボケの日本国民

ハロウィンは仮装大会でイースターは意味が分からんからとりあえず卵。


ほんとにくだらんことです。


月曜から夜更かしでマツコも言っていた「こんなの絶対阻止しないと!!」

賛成ですね!


日本のキリスト教会それもカトリックではイースターとは言わずご復活祭としてお祝いします。

どちらかといえばクリスマスより大事なお祝い日です。

教会によってはゆで卵や復活のローソクを配ったりもします。

そして御ミサの後にキリストの復活を喜びみんなでお祝いのパーティなどをしたりします。


なんかTDLやそこら辺の商店街のイースターイベントなんかバカにしているようで情けないですね。

スーパーのチラシには「イースター 春の訪れをみんなでお祝いしよう」
こんなのが乗っていたけど復活祭は春とは関係ないから。
春が来たと喜んでいるのは日本だけですから。

春を祝いたいのであれば、お花見でどんちゃん騒ぎすればいいし卒業や入学、就職などお祝いすることはほかにもいっぱいあるでしょう。

どうせ無宗教(多宗教?多信仰?)の日本人しかやらない行事だろうね

正月は神社に行ってかしこみかしこみ。

結婚式は教会でアーメン、お葬式はお寺で南無阿弥陀仏。

ハロウィンは仮装でお祭り騒ぎ人に迷惑ばかりかけて。


ハロウィンはキリスト教の云々と書いているHPもあるけど実際キリスト教ではハロウィンなんかしないから。

まあネットの情報なんて適当なことを書いてる輩も多いから信用できないけど。


キリストの誕生日はお祝いするのに、お釈迦様の誕生日はなんでお祝いしないのか?

花まつりみたいなのはあるみたいだが。

蓮の葉っぱを振り回してシャカシャカダンスで騒げばいいのにね。

そしたら寺院が文句言ってくるかもね、お釈迦様を冒とくしてると。


ちなみにお釈迦様の誕生日は4月8日となっているようですが本当かどうかはわかりませんが。



それから今年の復活祭(イースター)は3月27日ですが日にちは毎年変わります。
春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日と定められています。

来年は4月16日、再来年は4月1日になります。

ローマ・カトリック、プロテスタント、聖公会などグレゴリオ暦を使っている国はこの日に復活祭を行います。


ギリシャ正教などユリウス暦を使って計算している国は、少し日にちは違います。

今年は5月1日、来年は4月16日、再来年は4月8日です。


まあお祝いするのは構わないが、ばか騒ぎしたり、人に迷惑をかけるような行動はやめてほしいですね。





スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。