So-net無料ブログ作成
検索選択

加工肉を食べると癌になるリスクが高まる? [健康]

テレビニュースでも話題になっていたが加工肉を食べると癌になるリスクが高まる?

WHO(世界保健機関)の専門組織国際がん研究機関が、加工肉を食べると、発がんリスクが高まると発表した。

加工肉を毎日50グラム食べた場合、直腸や結腸のがんになる可能性が18%増加するという。

加工肉は塩分を加えたり、薫製にしたりした食肉を指し、ハム、ソーセージ、コンビーフやビーフジャーキーも含まれる。

また、牛や豚など赤身の肉も「恐らく発がん性がある」に分類した。

同機関は800以上の研究結果を分析したもので、加工肉の分類は「十分な証拠を基にしたものだ」と強調しているが、どのような加工手段が発がん性を高めるかは、明確には特定していない。


リスクが18%になると発表されたが、これは異例なことで、安全を強調するためと、北米食肉協会からの批判を交わすために発表したらしい。


日本人の一日平均の摂取量は赤肉50g加工肉13gほどで全く問題ないという。

ここで一般の凡人が思う事は、18%と言えば100人に18人もガンになるのか!

じゃあ少し食べるのを控えようと誰もが思ってしまう。

現に東京のウインナーを販売する老舗の人気店でも売り上げが3分の1にまで落ちたという。

また日本ハムや、伊藤ハムなどの株価も下がったようだ。


18%が安全だという根拠は?

安全ならば何故わざわざ公表するのか?

良く解らない??。

モーニングショーで解説されていたが18%増えると言う事は、10000人に9.7人が11.5人に増えると言う事です。

大腸がんの割合が1万人に9.7人(どこのデーターかは分からなかったが)

1万人に9.7人の割合は0.097%

それに18%のリスクが増えると言う事は0.097%×1.18=0.11446

つまり1万人に約11.5人に割合が増える。

要するに11.5-9.7=1.8人

毎日50グラムの加工肉を食べ続ければ、1万人に2人ぐらいが大腸がんになる人が増えると言う事です。


国立がん研究センターの2013年のデーターで

生涯癌で死亡する確率は、男性26%(4人に1人)、女性16%(6人に1人)というデーターがあります。

2013年のがんの死亡率は男性354.6、女性229.2(人口10万人あたり)。

割合に直すと0.35%と0.23%になる。

数字の見方や表示の仕方によって人によっては多いと感じたり少ないと感じたりしますよね。

10万人に354.6人もガンで死んでいるのかと思うと多いようにも思うが100人に0.35人と思うと少ないような気もします。
 
国立がん研究センターの統計、データーも見てみると面白いですし参考になります。


今回の加工肉のがん発生リスクはあまり気にすることがないという事でしょうか。

ちなみに煙草は、男性は非喫煙者が0.020%なのに対して喫煙者は1.259%女性は非喫煙者が0.025%なのに対して喫煙者は1.309%と非常に高いです。

加工肉の1.18倍に比べモノならないくらいに高い男性は62.95倍、女性は52.36倍です。

あまり気にせずにお肉も、ハムも、野菜と一緒にバランスよく食べましょう。

食べ過ぎには注意しましょう。





スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

申年には赤色の下着を身に着けると病が去る [雑感]

来年は申年です。

申年に赤色の下着を身に付けると良いという言い伝えが多くあります。

「申」は「悪いことがさる」「病がさる」などと、おめでたい赤色とが合わさって「申年に赤い下着」という言い伝えが各地方に出来たのだろう。


諸説、いろいろあるみたいですが、どんな言い伝えがあるのだろう?

「申年に赤い下着を贈ると病が治る」

「申年に贈られた下着を身に着けると元気になる」

「申年に贈られた下着をこっそりしまっておくと幸せが訪れる」

「申年に女の子供(娘・嫁?)に赤い下着を貰うと下の世話にならない」

「申年に申年の人から赤い下着をもらいそれを大事にするとか、身につけると生涯シモの世話にならずに済む」

「申年の年に、自分より年下の申年の人から下着をもらうと下の世話にならない」

「申の日にパンツを4枚送ると、死が去る(サル)」

「申の日にプレゼントされたパンツを身につけると、中風、がんなどを遠ざける」

「申の日にプレゼントされたパンツをこっそりしまっておくと幸福が訪れる」

「申年の申の日に身内の年下の女性に1日下着を身につけてもらい、それを半紙に包み、水引をかけ、たんすの奥にしまっておくと、年を取っても下の世話にならなくてすむ」

「申年の申の日に子どもから贈られた肌着を身に着けると、老後を健やかに過ごせる」

「申と書かれた赤色の下着を年下の女性から贈られそれを身に付けると病が治る」

「身内の女性から贈られた申と書かれた肌着を身に付けると下の世話にならない」

「子供から贈られた申と書かれたパンツを身に付けると病が去る」


こう集めてみると申の日じゃないといけないもの、もらう相手も、子供、申年の人、年下、女性とさまざまで、病にならない、下の世話にならないというのが多いみたいですね。


他にも海外では年越しに新しい赤い下着を身に付けると良い1年が過ごせるというのもある。

おへその下の丹田というツボを赤い下着で覆うと、お腹の病気にかからないというチベット仏教からきているとの説も。

江戸時代の書物にも申年に赤い肌着を身に付けるとよいというのが書かれているらしい。


結局のところだれが言い出したのか、言い伝えだから本当のことはわからない。


もうスーパーやデパートでも特設コーナーで売り出しているところもある。

売れるというのは、言い伝えを信じているのだろうか、お店も売れないものを特設コーナーを作ってまで売らないだろうし。


1992年の申年に赤色の下着が通常の5倍ぐらい売れたので、スーパーの販売員が調べてみたらしく、申年は赤い下着がいいという言い伝えがあることを知り、12年越しで2004年から特設コーナーを作ったようだ。


今はお猿さんの絵がプリントされているのがいいらしいです。

またここから一つの言い伝えが増えます。




スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三木市大宮八幡宮の秋祭り [おでかけ]

兵庫県三木市の大宮八幡宮の秋祭りに行ってきました。

ここ大宮八幡宮は応神天皇を御主座に両側に八柱の神を配祀奉っています。
akimat2.jpg
播州三大祭りの一つだそうです。

今は毎年十月体育の日の直前の土曜日が宵宮で日曜日が本宮になってます。

いつから変わってしまったのだろうか?

昔は私が子供だった頃(40年も前の事)はたしか16日、17日だったと思う。

宵宮は学校が昼までで本宮は休みだったような気がする。もう忘れてしまったが…

まずはご神体の神輿が町内を廻り戻ってきました。
akimat3.jpg

名物の「ふとん屋台太鼓」の神輿が85段の急な石段を、総重量約2トンもの屋台を豪壮に担ぎ上げる迫力はまさに圧巻でした。
akimat4.jpg
akimat5.jpg
akimat6.jpg
akimat7.jpg

次々と屋台太鼓が宮入をします。今日は8台の屋台。
akimat8.jpg
akimat9.jpg
akimat10.jpg
akimat11.jpg
akimat12.jpg
本殿の前に次々集まります。
akimat13.jpg
akimat14.jpg
akimat15.jpg

まつりは見るのもいいですが参加するともっと楽しいでしょうね。
担ぐのはちょっと無理かも。




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感